大型2サイクルエンジンのシリンダカバー開放整備(動画解説付き)

大型2サイクルエンジンのシリンダカバーの開放整備は複数メンバーで行うことがほとんどです。はじめての作業が不安!という方のために解説致します。

この記事がおすすめの人
シリンダカバー開放整備のリーダーを任されたので開放整備手順を覚えたい
シリンダカバー開放整備動画の日本語解説が欲しい
シリンダカバーをはじめて開放整備する

今回は大型船舶の代表的な主機関メーカーとして、圧倒的なシェアを誇るをMAN社製主機関の大型2サイクルエンジンのシリンダカバー開放整備作業を動画解説付きで手順をご紹介致します。

作業がはじめてでも、事前に学習を行うことで当日の不安は小さくなります。安全に、確実に作業を行うため、手順を確認していきましょう。

動画中のナレーションが英語のため、日本語で解説致しますので、是非ご覧下さい。

大型2サイクルエンジンのシリンダカバー開放整備の全工程とは?

大型2サイクルエンジンのシリンダカバー開放整備作業は大きく分けて以下の4工程で行われます。

1.諸配管、アクセサリー類の取外し
2.シリンダカバー取外し
3.シリンダカバー整備及び組立て
4.シリンダカバー取付け

工程①諸配管、アクセサリー類の取外し

ここからは下の動画の解説をしていきます。

この作業は以下の工程で行います。

諸配管、アクセサリー類の取外し  
1.各種弁の閉止を確認
2.配管及びアクセサリー類の取外し

工程①諸配管、アクセサリー類の取外しの詳しい解説

まず、燃料入口弁、冷却水入口弁、出口弁などの諸弁を閉じます。

冷却水を排出したのち、冷却水の出口管フランジからボルトを緩め、冷却水配管を取り外します。締付けを緩め、燃料高圧管も取り外します。

排気弁駆動油の高圧管も締め付けボルトを緩め、スリングを配管に巻き、クレーンで吊り上げて取り外します。

排気弁から排気弁駆動油のリターン配管、ドレン配管、そして始動空気配管も取り外します。

排気弁から排気マニホールドへ接続しているエキスパントジョイントも取り外します。

工程②シリンダカバー取外し

この作業は以下の工程で行います。

シリンダカバー取外し  
1.油圧ジャッキの取付け
2.シリンダカバー締め付けナットの取外し
3.シリンダカバー取外し

工程②シリンダカバー取外しの詳しい解説

シリンダカバーを締め付けているボルトに油圧ジャッキを取り付けます。

油圧ホースをつなぎ、締め付けたジャッキを肌付きから一回転戻します。ボルトを緩める際は一回転戻さないとジャッキが外れません。トミーバーが入るようにジャッキ窓の位置を調整します。

油圧ポンプを使用し、規定油圧までジャッキにゆっくり圧をかけます。ホースは大変高圧となっておりますので、昇圧の際はジャッキ及びホースから漏れが無いか注意しながら圧力を上げましょう。

油圧が規定値まで達したらトミーバーを用いて締め付けナットを緩めましょう。もし、緩まない場合は少し高めに圧力をかけます。また、ナット周辺にペイントがべた塗りされていて緩まないケースもあります。ジャッキを取り付ける前にペイントは落としておきましょう。

全てのナットが緩んだことを確認したら、油圧ポンプから油圧を抜きます。油圧が抜けたことを確認したら油圧ジャッキ、油圧ホース、そしてナットを取り外します。

全てのナットを取り外したら、クレーンで吊り上げ、シリンダカバーを取り外します。吊り上げの際は周囲の干渉物に当たっていないか確認しましょう。

工程③シリンダカバー整備

この作業は以下の工程で行います。

シリンダカバー整備
1.触火面のカーボン除去
2.アクセサリー類の取外し

工程③シリンダカバー整備についての詳しい解説

この動画では取り外したシリンダカバーを横倒しにし、触火面のカーボンを除去していますが、もし、シリンダカバーを安全に据え置けるスタンドがあれば、それを使用しても良いかもしれません。分かりにくいかもしれませんが、下の写真の丸で囲ってある部分がスタンドの支柱です。

触火面のカーボンを除去したら排気弁を取り外します。シリンダーカバーの取外しの際と同様にジャッキに規定油圧をかけてナットを取外す作業を行います。

冷却水配管を取り外し、排気弁の締め付けボルトへ油圧ジャッキを取り付けます。油圧ホースを取り付け、油圧ポンプで規定油圧まで圧力をかけます。油圧が規定値まで達したら締め付けナットを緩めましょう。

全てのナットが緩んだことを確認したら、油圧ポンプから油圧を抜きます。そして、油圧が抜けたことを確認したら油圧ジャッキ、油圧ホース、そしてナットを取り外します。

排気弁をクレーンで吊り上げ、シリンダカバーと排気弁が分離できます。

シリンダーカバーの付属品を取外していきます。

ナットを2つ使用してスタッドを取り外し、指圧器弁も取り外します。燃料噴射弁、燃料噴射系統の配管、スタッドも取り外します。

同様に始動空気弁と締め付けのスタッドを取り外します。

吊り上げ前にクーリングジャケットを締め付けるボルトを外しておきます。

アイボルトを4つ、チェーンを取り付け、シリンダカバーをクレーンで吊り上げます。

シリンダカバーを持ち上げると、クーリングジャケットが落ちるので注意しましょう。クーリングジャケットは枕木の上に落ちるように枕木を配置します。突然の落下物で手や足が挟まれないように注意しましょう。

シリンダーカバー下部を洗い油などで清掃します。古いO-ringは取り除きます。

シリンダーカバーに装着する前にクーリングジャケットも清掃しておきます。

シリンダカバーの下部O-ringを取替えます、シリンダカバーの下部、クーリングジャケットを清掃し、新しいO-ringに潤滑油を塗って装着します。

吊り上げたシリンダカバーの位置を合わせながら、クーリングジャケットにシリンダカバーを挿入します。位置が決まれば、ボルトを締め付けます

燃料噴射弁の穴を#200番くらいのグラインディングコンパウンドをつけたマンドレルで摺合せます。

排気弁のシートも内側を清掃し、#200番くらいのグラインディングコンパウンドで摺合せ工具を使用して摺合せをします。

同様に始動空気弁のシートも内側を清掃し、#200番くらいのグラインディングコンパウンドで摺合せ工具を使用して摺合せをします。  

シリンダカバーに排気弁締め付けのスタッドに焼き付き防止剤を塗り、ねじ込みます。

吊り上げた整備済みの排気弁完備品を取り付け、スタッドボルトに焼き付き防止剤を塗り、ナットを締め込み、油圧ホース、油圧ジャッキを取り付けます。

油圧ポンプでジャッキに規定油圧をかけてトミーバーで排気弁のナットを締付けます。昇圧中はホースに漏れがないか確認しましょう。

ナットを締付けたら、油圧ポンプの油圧を抜き、油圧ホース、油圧ジャッキを取外します。スタッドボルトの頂部には保護用のキャップを被せましょう。

始動空気弁のスタッドも焼き付き防止剤を塗って同様に取り付けます。

取り付けたスタッドボルトに始動空気弁を取り付けます。ボルトは規定トルクで締め付けます。

燃料噴射弁のスタッドも焼き付き防止剤を塗って同様に取り付けます。

燃料噴射弁を取り付け、ナットを締めます。ナットの締め付けは均等に行いましょう。

燃料油のリターン配管も繋げて、締め付けます。

ガスケットを忘れずに挿入し、インジケーター弁も取り付けます。特にインジケーター弁は、漏れの原因となるのでナットの締付けは均等に行いましょう。

工程④シリンダカバー取付け

この作業は以下の工程で行います。

シリンダカバー取付け
1.シリンダーカバーの取付け
2.水通し、油通し

工程④シリンダカバー取付けについての詳しい解説

新しいガスケットをライナーの上に装着し、吊り上げたシリンダカバーの完備を取り付けます。

シリンダカバーを下げるときに冷却水の交通管がしっかり正しい位置に装着できたかを確認しながら下げます。

シリンダカバー締め付けのスタッドボルトへ焼き付き防止剤を塗り、ナットを締めていきます。油圧ホース、油圧ジャッキを取り付けます。ジャッキ取付けの際はトミーバーが入る穴が見えるようにジャッキの窓の位置を調整しましょう。

全てのジャッキ、油圧ホースを取り付けたら、油圧ポンプでジャッキにゆっくり油圧をかけ、規定油圧に達したことを確認したらナットを締め付けます。昇圧中はホースに漏れがないか確認しましょう。

全てのナットを締付けた後、油圧を抜き、油圧ホースと油圧ジャッキを取外します。

燃料油のリターン配管を、始動空気管、排気管、冷却水管を接続します。

排気管エキスパンションジョイントを取付けます。

排気弁の駆動油リターン配管、排気弁駆動油高圧配管も取り付け、締め付けます。ボルトは規定トルクで締めます。

燃料油高圧管を取り付け、規定トルクで締め付けます。

シリンダーカバーの取付け作業が全て終わったら、水通し、油通しを行います。

潤滑油ポンプを始動する前に、排気弁のスプリングエアを必ず通しましょう。

燃料油、冷却水はエアを抜き、排気弁のスプリングエア供給を確認したら潤滑油を通します。各部に漏れが無いかを確認しましょう。

まとめ

今回は大型2サイクルエンジンのシリンダカバー開放整備の作業手順を解説しました。

大型2サイクルエンジンのシリンダカバーは重量が大きく、エンジン運転中は燃焼爆発に晒される部位でもありますので、取外し、取付けの際に扱う場合は慎重な操作が要求されます。

ピストン抜き出し作業の際は、主機関上段での作業として別動隊でメンテナンスを行うことが多いため、開放整備作業者は事前に手順を理解しておく必要があります。

開放整備のリーダーは作業手順をしっかりと理解しておきましょう。

※この記事で使用した画像、動画はYouTubeチャンネル「MAN Energy Solutions」からの引用・スクリーンショットしたものを使用しています。